核融合炉実現を目指したトリチウム研究の新展開核融合炉実現を目指したトリチウム研究の新展開
日本語English
略称/核融合トリチウム 領域番号/476
目的・意義(研究概要)
組織
計画研究内容
公募研究内容
研究実績
共同利用施設・装置
カレンダー
プロジェクト資料
関連リンク
お問合せ
メンバーページ
募集情報
HOME
プロジェクト資料

プロジェクト資料
戻る
日本原子力学会「2008年秋の大会」
核融合工学部会企画セッション
(総括班提案)
題目:「トリチウムの増殖比から見た核融合炉の経済性」
日時:平成20年9月4日(木)13:00〜14:30
場所:高知工科大学 教育研究棟A(高知県香美市)

内容
1)  趣旨説明 
座長・田辺哲朗(九大)
2)  講演1「核融合炉の安定した運転と順調な導入に要求されるトリチウム増殖率」 
朝岡善幸(電中研)
3)  講演2「ITERブランケットシステムでのトリチウム増殖の目標」 
榎枝幹男(原子力機構)
4)  講演3「燃料循環システム成立条件がトリチウム増殖比に与える影響」 
山西敏彦(原子力機構)
5)  講演4「核融合炉のトリチウム経済」 
西川正史(九大名誉教授)
6)  総合討論



ページトップ

 


Copyright (c) 2007 Tritium Science and Technolgy for Fusion Reactor. All right reserved.